マネー

引っ越し前にやること。確認しておきたい3つの準備

引っ越し前にやることや準備、確認しておきたいこと。荷造り・引越し業者の選び方・新住所に移る前や後に届出する手続きなどを事前に知っておくとスムーズに引っ越しできます。

引越し間際になって慌てない為にもやることをチェックしておきましょう。

今回は、引っ越し前にやること。確認しておきたい3つの準備についてです。

引越しでやること

引っ越しをすると、生活を取り巻く環境は大きく変わります。引越し直後からスムーズに生活を始める為には事前の準備を要チェック。

引っ越しの準備、やることは下記の3つです。
1.荷物を移動させる荷造りの準備
2.引っ越し業者の準備
3.自分自身が移動する為の準備

1.荷物を移動させる準備

間取り図と箱に番号を付ける引っ越し先には、今住んでいる家の中にある荷物を移動させることになります。その為には、家中の荷物をきちんと運べるように計画しておきましょう。

引越しの荷造りは決して簡単ではありません。日用品はもちろんのこと、普段は使っていない物もきちんと引っ張り出してコンパクトにまとめておくと良いです。

荷造りの際は荷解きの利便性も考慮し、使う場所で分類しておきましょう。

引っ越し荷造り用の段ボール箱に余白があると、できるだけたくさん荷物を詰め込みたくなってしまうかもしれません。しかし、きちんとどの部屋で使うのかを「部屋ごとに分類」して箱詰めすることを優先しましょう。
このひと手間で、引っ越し後の荷解きの手間が劇的に軽減されますよ。
※部屋の間取り図に番号を付け、荷物にも番号を書いておくと業者さんが運ぶ時に分かりやすい。

2.引っ越し業者の準備

 

引っ越しの忙しい時期によっては、こちらが予定した日に引越し業者と契約できない場合があります。少し余裕を持って事前に引っ越しの一括見積もり等を利用して、業者も先に決めておきましょう。

引越しの無料一括見積もりサイトは、下記がおすすめです。

引越し侍「引っ越し価格ガイド」

何社かの一括見積もりをとって、法外に高いところや、逆に安過ぎるところはやめた方が無難です。10社とか見積もりが取れるのですが、あまり多くても迷うので5社ぐらいで良いでしょう。

3.自分自身が移動する為の準備

ライフラインのチェック荷造りは少しずつ進めておくとして、それと同時進行で進めていきたいのが自分自身が移動する為の準備です。

引っ越しは、単純に生活の拠点を移しておしまいというわけではありません。新たな生活の場を築くということは、そこでの電気やガス、水道等のライフラインの準備も必要になってきます。

ライフラインは、それぞれの供給会社と契約して利用できる仕組みになっています。今住んでいる所のライフラインは、現住所での契約になっています。引っ越し当日からすぐに新居でライフラインを利用出来るようにしておくには、引越す前に各供給会社に連絡をしておきましょう。

新居で新生活!届出は怠りなくライフラインの利用開始手続きの中には、立ち会いが必要なものもあります。引っ越し当日に立ち会いで開始作業をする場合、自分のスケジュールに合わせて事前に手続きの時間を決めておくことも大事です。

また、現在の住居でのライフラインの利用料金の精算手続きも行う必要があるので、併せて事前に連絡しておくようにしましょう。

忘れてはいけないのがインターネットの契約内容変更手続き。
現在、家庭にインターネット環境を整えている方は非常に多いです。引越した当日から新居で快適なインターネットを利用出来るように、引っ越し日に合わせてインターネット回線の手続きを依頼しておくと安心です。

【フレッツ光】引越先の料金をチェック!

フレッツ光申込みで≪最大60,000円キャッシュバック!

引っ越し準備、荷造り中に不要なものが出たら

不要品は買い取りサイトを利用しよう不要なものが出たら、買取してくれるところに出してしまうのも良いですよ。廃棄処分をする前に一度見積もりをしてもらいましょう。多少なりとも引っ越し費用の足しになります。

宅配着物買取
バイクを売るならバイク王
フィギュア買取もえたく!
ブランド品の宅配買取「ブランディア」
中古楽器の査定と買取


電話の掛かってこない引っ越し一括見積もり

これこれネットのねここからは以上です!