マネー

引っ越し手続きの手引き【転居届と転入届】

引越し準備

引っ越しするには、
これから引っ越す市町村への転出届
引っ越し先の市町村への転入届
が必要です。

同じ市町村内での引っ越しには、転出届と転入届は不用です。この場合は、引っ越した後に転居届を提出します。

このページの目次

【転出届】

まずは引っ越し前に住んでいる市町村役場に出向き、転出届を提出します。
転出届を提出できる期間は市町村によって異なり、中には14日以内でなければ受け付けない市町村もあります。心配な時は事前に電話で確認すると安心です。

この転出届がなければ、引っ越し先で転入届が提出できなくなります。
必ずなくさないように引っ越しでも手元に持って移動しましょう。

転出届に必要なものは、認印と身分証明できる書類です。転出先の住所も必要なので、併せてメモして持参しましょう。

本人が手続きすることが基本ですが、無理な場合は代理人に委任状を託して依頼します。もし国民健康保険に加入している場合は、同時に手続きを行います。

その他にも家族に高齢者がいる場合は介護保険証、お子さんがいる場合は転校届と児童扶養手当証の手続きが必要です。

引っ越す前の市町村で受理された時点で、転出証明証が交付されます。この証明証を受け取った時点で引っ越し先の市町村への転出届が提出できます。

【転入届】

引っ越しが終わったら、引っ越した日から14日以内に、できるだけ早く市町村役場に出向き転入届を提出します。

必ず必要なのは、転出証明証です。これがなければ転入が認められないので、決してなくさないように気を付けて下さい。

その他には認印、身分証明できる書類など、転出届と同じものを用意します。国民健康保険の手続きを同時に終わらせると、保険の払い忘れもなく安心です。

転入後の国民健康保険はきちんと受理されているか、払い忘れはないか、年金保険機構で確認して下さい。手続きをすればインターネットで確認することもできます。

その他にも、転出届で同時に提出した事項について(転校届など)も併せて登録しましょう。ほぼ半日潰れますが、一度に済ませると安心です。

なお、引っ越し先が変わった場合でも、転出届を再発行してもらう必要はありません。転出証明証をそのまま利用して、新しい市町村役所にて手続きできます。

引っ越しました


電話の掛かってこない引っ越し一括見積もり